ちょこ帝国

ここは私の世界。イッツマイワールド!

水でいいです問題??

「水でいいです」という事について、飲食店業界では話題に上がるらしい。

 

 何を言っているんだろう?と思い、調べてみるとどうやら「居酒屋」でドリンクを頼む際に「水を頼む」ことがいけないといっているらしい。

 

 自分は「それってダメなの?」と思う。飲みたい時にドリンク頼めばいいだろと思うんだけど、純粋に水が飲みたい気分もあるだろうし、コスト的な意味で料理を楽しみたいから水という選択肢もあるだろう。ソフトドリンク頼んでも無駄に多いしもったいないと思って水がいいという選択もあると思う。自分だったらウーロン茶頼んで少しだけでいいのにどっさり出てきたら凄く嫌だ。水だけにするがなにがいけないのだろうか?

 

 驚いたのは、どうやら昔の人or昔の人に教育をされたと思われる方は、飲食店で必ず何か飲み物を頼まないといけないと思っているという事だ。「昔の常識では考えられない」といった文句が入っていれば恐らくそういうのにカテゴライズされる(昔の人という表現をしたのは、昔では~いう言葉を利用するから)。

 

 どうやら、彼らの言い分の根底にあることとして、「店側に対しての配慮が足らない」という事らしい。「店は食事代やドリンク代を含んで客単価を見込んで商売をしている。ドリンク代が発生しないと、客単価が下がる。席数にも限りがあるため、回転率が悪い客がいると、売り上げに影響する。」らしい。言い分としては最も。

 

 食事も頼まず水しか頼まずずっと居座るとかそういう問題は置いておかなければならないが、食事だけを頼み、客単価が下がることについてはあくまで店側の言い分であり、客に押し付ける倫理ではないと思う。売上下がるなら、例えばドリンクセット的なメニューを組み込んでみたりいろいろな手段で対応できるはずだ。寧ろ水がいいですという人の集団がいるという上手に味方につければ売り上げを伸ばせる手段はあるとおもうんだが、いかがだろう。

 

 単純に「配慮が足らない」⇒「店の為に配慮ある対応をしよう」では、いろいろな事情があり(事情が無くても飲みたい時にドリンク頼めばいいと思うんだけど)、水を頼んで、「「水でいいです」??おかしいだろ、ドリンク頼まなかったありえんわ」な雰囲気だと、どんどん外食から離れる人が増えると思う。話はそれるかもしれないが、例えば、ラーメン屋で調味料の使い方一つで怒られたら「次は来るか!」となるだろう。なぜ店の倫理を押し付けられなければならないのか。そういうのが好きな人しか集まらない構図になり、余計に売り上げが落ちるのは目に見えているのにも関わらず。

 

 客が店を育てるという偉そうな物言いにはなるかもしれないが、昔の人の心理の奥底では「店を大事にする」という感情があるのだろうから、お互いのためになれるような対応をするのが必要なのではないのだろうか。