ちょこ帝国

ここは私の世界。イッツマイワールド!

七夕祭りのお化け屋敷で一番怖かったもの

このあいだ一宮市の七夕祭りにいってきた。

昔の人に言わせると、過去はもっと賑わっていたらしいが、

今でも十分凄い人だと思った。

夜にも拘わらず、歩くと一瞬で汗が流れるほどの暑さが、

猶更そう感じさせたのかもしれない。

そんな中、人ごみの中を掻き分けて歩く。

真清田神社の境内にある「お化け屋敷」なる建物を目指して。

 

 

真清田神社の「お化け屋敷」。

一宮市の七夕祭りに遊びに行くのであれば、

ぜひ押さえておきたいスポットナンバー1。

なんとしてでも今年は行きたいと思っていたら、

七夕祭りに遊びに行くことになったので、

これを機に行くことに決めた訳だ。

 

 

境内をしばらく歩くと、おどろおどろしい看板が見える。

なるほど、ここがウワサの「お化け屋敷」か。

存在は知っていたが、実際に見てみるのは初めてだ。

入り口付近にはどこかで見たことあるような妖怪がてんこ盛り。

ウワサに聞くと、ここは相当怖いと聞く・・・

相方と勇気を振り絞って入ることにした。

 

 

**内容や細かい感想はネタバレになるので記載しませんが、

以下の記事内容の雰囲気から、察してください**

 

 

私は、こういう大きいお祭りに行った事なく、

お化け屋敷というと、遊園地のお化け屋敷しか知らなかったので、

物凄く新鮮だったなと感じた。

そして、既存の建物を利用せず、

何もないスペースにお化け屋敷を設置するなんて

なんてスケールがでかいんだろうと思った。

 

 

ところで、今のお化け屋敷には、

プロジェクトマッピングやVRなど、

最新技術を取り入れて話題になっているものがあるらしい。

例えばレオマワールド

ここには国内初のプロジェクトマッピングのお化け屋敷がある。

ホラーハウスDARK SIDE | レオマリゾート・NEWレオマワールド

また、ASATEC社からは「呪いのVR」というVRお化け屋敷を

開催している(下記リンクはその模様)。

VRお化け屋敷『呪いのVR体験会』in 名古屋大須 - YouTube

お化け屋敷の世界も競争に晒されているせいなのか、

テクノロジーと共に日々着実に進歩していることがうかがえる。

 

 

開催者側の予算との兼合いもあるだろうし、

「あのレトロな雰囲気がいいんだ!」という意見もあるかもしれないが、

こういうのをとりいれると凄いコンテンツが出来そうだと思った。

 

 

お化け屋敷から出たところで、記念撮影。

折角だから、オブジェよりもよほどリアルな(失礼)

客引きのおばあさんをバックに取ることに。

「写真を撮るんじゃない!!」

凄く怒られた。当然だな。

調子に乗りすぎてた。深く反省します。

 

 

この日の感想、これだけは言える。

この日のこのお化け屋敷で一番怖かったのは、

中の仕掛けや雰囲気じゃなく、

このおばあさんに怒られたことが一番怖かったという事だ。

 

 

今週のお題「ちょっとコワい話」

 

TripAdvisor (トリップアドバイザー)